サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術は販売終了となりました。

かわりといっては何ですが、サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術と同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、東洋医学の名医103人にも選ばれた日本姿勢保健均整師会・元会長・現師範の坂本元一先生の1日3分から始めることが出来るサカモト式耳鳴り改善法です。

健康雑誌「壮快」「安心」「わたしの健康」等々に掲載されるなど、多くのメディアに取り上げれるなど、実績も確かです。

病院でも治らなかった耳鳴りや難聴が、薬など使わずに解消するなどの改善例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。
なお、90日間返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされてみてください。

レモン水で耳鳴りを改善

レモン水で耳鳴りが改善できることをご存じですか?
レモン水を継続して飲むことで、耳鳴り が改善したという報告が健康雑誌などにも取り上げられていますね。

 

 

通常、耳鳴りや難聴などの耳の不調は、季節の変わり目などに症状を訴える人が増えてくるのですが、夏から秋、そして冬へと気温が下がるにつれて体温も下がってきます。

 

 

体温が下がると体の免疫力をはじめとして体の抵抗力も落ちてくるようになり、耳鳴りや難聴と言った耳の不調も現れやすくなるのです。

 

 

そこでお勧めなのがレモン水です。最近では頑固な耳鳴りの解消にも一定の効果があるとして、健康雑誌などにも取り上げられ知っている方も多いでしょう。

 

 

では、何故レモン水には耳の不調を改善する効果があるのでしょうか?

 

 

まず、考えられるのはレモンにはビタミンCが豊富で、血液中の老廃物を排出を助けて血液をサラサラにする血液浄化作用と、血管の内壁をしなやかにして動脈硬化を防ぐなどの血行改善作用があります。

 

 

したがって、ビタミンCが豊富なレモンを毎日とることで、血液がしなやかになって血流が良くなり、血管の弾力も改善して丈夫になってくるんですね。
その結果、耳の周りの血行不良も改善して、耳鳴りや難聴などの耳の不調の解消に繋がると考えられます。

 

 

また、耳鳴りなどのトラブルはストレスや過労などによって、体の自律神経の崩れなどが影響しています。自律神経は、心臓などの臓器や体温など自分の意志とは関係なく働く器官を司っている神経です。

 

 

レモンには、この自律神経の働きを調整する働きもあるのです。
レモンはそのまま食べてもいいのですが、毎日となると摂取しにくいので、レモン水にするわけです。

 

 

レモン水の作り方はとても簡単です。コップにレモン果汁を大さじ1.5から2杯程度入れて水で薄めるだけです。冬ならお湯でホットレモン水にして体を温めるようにすることがおススメです。夏なら氷を入れて冷たくして飲むのも良いすね。
また、好みによってはちみつなどを入れると甘みがでてより飲みやすくなります。

 

 

このレモン水を1日に3杯程度を目安に飲むようすると良いでしょう。なお、市販のレモン果汁を使っても構いません。

 

 

薬や補聴器具を使わずに副作用なく安全に治す方法!

 

1日3分!耳鳴り・難聴改善法の詳細を見てみる